ウィークリー声の架け橋 第47回目

「ウィークリー声の架け橋」この番組は区民皆様の声を毎週発信していく区民の皆様が主役の番組です。

区内の様々な場所でお聴かせ頂いた皆様の声を一つ一つ紡ぎ合わせて、番組は作られていきます。

あなたの声を、ぜひお聴かせ下さい。

番組の内容は毎週水曜日に更新します。

放送時間は、平日1回目は午前10時40分から午前11時まで、

2回目は午後3時10分から午後3時30分までです。

3回目は午後9時40分から午後10時までです。

土曜日と日曜日は、1回目が午前10時から午前10時20分まで、

2回目が午後3時から午後3時20分まで、

3回目が午後9時40分から午後10時までです。

お楽しみに!!

こんにちは!秋野かほりです。

2月は28日までしかないので、気が付けば、あっと言う間に3月になっていそうですよね。
連休はしばらくありませんが、小さな春の訪れを探しに
区内の公園などを散策されてみては如何ですか?

こんにちわ!リポーターの石澤倫子です!
2月8日、鐵砲洲稲荷神社で行われた針供養を取材しました!
針供養とは曲がったり折れてしまった針を柔らかいこんにゃくやお豆腐にさして感謝する行事です。

境内に入って本殿の左側に進むと針塚が立っています。
この針塚は今から53年前に東京ファッション専門学校(旧松徳和洋裁専門学院)よって立てられたとのことで
現在でも学校行事として針供養を行っているのだそうです。

針塚の前に設けられた祭壇にはおおきな特注のお豆腐が。

中川宮司が祝詞を読んでいる最中、とても神聖な空気が流れていました。

みなさん順番にお豆腐に針をさして、手を合わせます。

東京ファッション専門学校の田代健校長によると
最近は海外からの留学生も多く、日本の伝統行事や道具を大切にする気持ちを
学んでもらう為にも針供養はとてもいい機会で、毎年行っているとのことでした。

宮司の中川さんにもお話を伺いました。
「針供養はなにより道具に感謝の気持ちをささげる行事。
針塚の下にはこれまで供養した針が眠っていて、30年位前の針はもう土に還っているのではないか」仰っていました。

針に限らず、道具や身の回りの物に感謝する気持ちを普段いかに忘れているか、
私自身、とても気づかされる取材となりました。
みなさん、鐵砲洲稲荷神社へ訪れる際にはぜひ針塚にも注目してみてください!

ウィークリー声の架け橋 第46回目

「ウィークリー声の架け橋」この番組は区民皆様の声を毎週発信していく区民の皆様が主役の番組です。

区内の様々な場所でお聴かせ頂いた皆様の声を一つ一つ紡ぎ合わせて、番組は作られていきます。

あなたの声を、ぜひお聴かせ下さい。

番組の内容は毎週水曜日に更新します。

放送時間は、平日1回目は午前10時40分から午前11時まで、

2回目は午後3時10分から午後3時30分までです。

3回目は午後9時40分から午後10時までです。

土曜日と日曜日は、1回目が午前10時から午前10時20分まで、

2回目が午後3時から午後3時20分まで、

3回目が午後9時40分から午後10時までです。

お楽しみに!!

こんにちは、秋野かほりです。

2月4日は、春の初めを意味する立春でした。
一方では、インフルエンザが流行しているようです。
手洗いやうがいなど、チョットしたことでも予防になるので、
みなさんも是非習慣づけてみてはいかがですか?

こんにちは!リポーターの尾形文野です。
今回は鐡砲洲稲荷神社で行われた「新富座こども歌舞伎」の節分祭奉納公演にお邪魔しました!
公演1時間前に神社に着いた私ですが、境内をみるとすでに沢山の方が来ていて場所取りを始めていました。
そして公演に参加する役者さん達は大舞台を前にしているにも関わらず
明るく元気に神社の隣にある公園に集合して「お練り」をスタート。

沢山のカメラマンやファンに囲まれ、神社までの道を観客を引き連れて練り歩いて行きました。

公演前に矢田区長も挨拶をされ、この「こども歌舞伎」が中央区を代表する伝統芸能であるとお話をされました。
区長のお話もあって、益々期待が膨らむ中、遂に開宴。

まずは石黒舞さんの口上です。
11歳とは思えない堂々とした口調に会場からは「新富座!!」と方々から掛け声がかかります。

この「新富座こども歌舞伎の会」は演奏や歌を演者さんのご家族がしているというのも特徴です。
家族で力をあわせて公演を作りあげて行くなんて素敵ですよね。

そして「寿式三番叟」「三人吉三巴白波~大川端庚申塚の場~」「白波五人男~稲瀬川勢揃の場~」
と演目が続き、「新富座!」「新富座!」と大きな掛け声や盛大な拍手の中、終演を迎えました。

出演者がすべて小学生以下でしたが、驚くような長台詞を悠長に歌舞伎の口調で堂々と話し、
しなやかな振りで美しい立ち振る舞いを見せてくれ、見ごたえたっぷりの公演でした。
鐡砲洲稲荷神社では年2回の公演を行う他、中央区のイベントでも度々お披露目をされるというので是非ご覧下さい!

ウィークリー声の架け橋 第45回目

「ウィークリー声の架け橋」この番組は区民皆様の声を毎週発信していく区民の皆様が主役の番組です。

区内の様々な場所でお聴かせ頂いた皆様の声を一つ一つ紡ぎ合わせて、番組は作られていきます。

あなたの声を、ぜひお聴かせ下さい。

番組の内容は毎週水曜日に更新します。

放送時間は、平日1回目は午前10時40分から午前11時まで、

2回目は午後3時10分から午後3時30分までです。

3回目は午後9時40分から午後10時までです。

土曜日と日曜日は、1回目が午前10時から午前10時20分まで、

2回目が午後3時から午後3時20分まで、

3回目が午後9時40分から午後10時までです。

お楽しみに!!

こんにちは、秋野かほりです。

こう寒い日が続くと、早く冬が過ぎて暖かい春にならないかな?なんて、
思ってしまいますよね。
でも、寒い中にも、春の足音は確実に近づいて来ています。
皆さんも、身近に感じられる小さい春の訪れを探してみては如何ですか?

世界のエルグレコ!!世界からエルグレコの作品が日本に集結!
日本で、みなさんもご存知のとおり空前の大規模エルグレコ展が開催されてるんです!
それに伴いエルグレコ展 関連文化講演会を開催している、中央区文化国際交流振興協会におじゃましてまいりました!

中央区文化国際交流振興協会の事務局長、竹内さんにお話を伺いました。

写真のような古典芸能鑑賞会が、まいとし開かれています!
中央区に深い関わりを持つ舞踊、長唄などの古典芸能に触れれる機会です。
竹内局長もおっしゃっていたけれど、これで二千円は安いですよね。
中央区を中心に活躍されてある古典芸能実演家を構成員とする中央区古典芸能の会に
企画制作をおねがいしているだそうです。

芸術は奥が深いし、時代背景などをきちんと知っているか知らないかでは、
その作品の見解はだいぶ変わってくるかと思います。
こういった講演会や講座を活用して、もっともっと芸術に触れていたいですね!

以上、管香織がお伝えしました。

ウィークリー声の架け橋 第44回目

「ウィークリー声の架け橋」この番組は区民皆様の声を毎週発信していく区民の皆様が主役の番組です。

区内の様々な場所でお聴かせ頂いた皆様の声を一つ一つ紡ぎ合わせて、番組は作られていきます。

あなたの声を、ぜひお聴かせ下さい。

番組の内容は毎週水曜日に更新します。

放送時間は、平日1回目は午前10時40分から午前11時まで、

2回目は午後3時10分から午後3時30分までです。

3回目は午後9時40分から午後10時までです。

土曜日と日曜日は、1回目が午前10時から午前10時20分まで、

2回目が午後3時から午後3時20分まで、

3回目が午後9時40分から午後10時までです。

お楽しみに!!

みなさんこんにちは!秋野かほりです。

センター試験も終わり、これからは各大学毎の入試が本格的に始まります。
受験生の皆さん、寒い日が続きますが体調管理に気を付けて、
最後の追い込み、頑張って下さいね!春は、もうすぐそこですよ!

こんにちは!リポーターの石澤です。
今回は月島社会教育会館で開かれた「飾り巻き寿司」講座を取材させていただきました。
飾り巻き寿司は写真のような、かわいらしくてユニークな巻き寿司のことです。
この日のレシピは「梅の木」と「うさぎ」の巻き寿司です。
一体、どうやったらこんな風にかわいい巻き寿司になるのでしょうか??

さっそく教室にお邪魔すると、参加者の皆さんが真剣な表情で海苔に酢飯をのせています。

まずはうさぎの顔のパーツになる、大小様々な海苔巻きを作るのだそうです。
そしてそのパーツ用の海苔巻きを順番に顔の形になるように
組み合わせていきます。

そうやって巻き終わった状態がこちら!なんとなく顔になっているのがわかります!!
切る際は必ず包丁を湿らせて、巻簾で押さえながら。。。

できましたー!!!!!かわいいお顔になっています!
耳用の細巻きを会わせれば、うさぎ巻き寿司の完成です!!

参加者のみなさんも完成!それぞれに個性が光る仕上がりでおもしろいです!!

参加者のR.N勝どきのかっちゃんさんとR.Nとよみのとよちゃんにお話を伺いました!
お二人共、初めての飾り巻き寿司でしたが「出来上がりには満足!!食べるのが楽しみです」とお話していました。

講師のJSIA認定 飾り巻き寿司マスターインストラクターの神埜真弓(こうのまゆみ)さんのお話によると、
飾り巻き寿司は千葉の郷土料理の「祭り寿司」をかわいらしくアレンジした物が全国に広まったのだそうです。

季節ごとのおいしい食材を使って見た目もたのしい飾り巻き寿司、ぜひマスターしたいですね。
この講座は2月13日にも月島社会教育会館で開催されます。

次回はSIA認定 飾り巻き寿司マスターインストラクターの及川先生が講師です。
詳しくは月島社会教育会館のHPをチェックしてみてください!

ウィークリー声の架け橋 第43回目

「ウィークリー声の架け橋」この番組は区民皆様の声を毎週発信していく区民の皆様が主役の番組です。

区内の様々な場所でお聴かせ頂いた皆様の声を一つ一つ紡ぎ合わせて、番組は作られていきます。

あなたの声を、ぜひお聴かせ下さい。

番組の内容は毎週水曜日に更新します。

放送時間は、平日1回目は午前10時40分から午前11時まで、

2回目は午後3時10分から午後3時30分までです。

3回目は午後9時40分から午後10時までです。

土曜日と日曜日は、1回目が午前10時から午前10時20分まで、

2回目が午後3時から午後3時20分まで、

3回目が午後9時40分から午後10時までです。

お楽しみに!!

こんにちは!秋野かほりです。

1月14日は成人の日でしたね。
新成人の皆さん、おめでとうございます!
そして、この日は関東が大雪に見舞われた日でもありましたね。
自然の力を、あらためて感じさせられた日でもありましたね。

こんにちわ!リポーターの石澤のりこです。
今回は、鐵砲洲稲荷神社で行われる寒中水浴大会をリポートします!

今年で58回目を迎える鐵砲洲稲荷神社の寒中水浴(寒中禊)は
先代の故中川正光宮司によって昭和30年に始められ、
今では「中央区の新年の風物詩」と言われる行事になっています。
境内にはいると大きなプールが!そしてその中には氷柱が浮かんでいます。

この行事を取り仕切る鐵砲洲稲荷神社弥生会 松戸純一会長にお話を伺いました!
毎年おなじみの方を始め、年々参加者が増えており今年は100人余が参加するとのこと!
その中には高齢の方、女性の姿もあります!

寒中禊を行う前に皆さん神社一周のランニングをし、和歌に合わせて船を漕ぐ動作で準備運動をします。
この動きは鳥船行事といって身体の邪気を発散させつつ心と霊魂を浄化統一する作法なのだそう。

参加者の皆さんの気合いの入ったかけ声を聞くだけで身が締まる気持ちになります!
いくつかの行事(準備運動をかねた動作)を行った後、いよいよ水に入ります。
みなさん、「エイ!エーイ!」とかけ声をかけながら水の中に繰り返し入っていきます。冷たそう!!!
寒中禊を終えた方はみなさん口を揃えて「清々しい、気持ちがいいです」
「これで一年健康に過ごせそうです」とおっしゃっていました!

最後に鐵砲洲稲荷神社宮司 中川文隆さんにお話を伺いました。
寒中禊のようないわゆる荒行でなくても朝、冷たい水で顔や手を洗うことで
自分の萎えた気持ちや汚れを清める事ができると仰っていました

参加者の皆さんの姿を見ているだけでもすごく清々しく晴れやかな気持ちになり、
まずは私も明日から冷たい水で顔や手を洗ってみよう!と思いました。
毎年行われている鐵砲洲稲荷神社の寒中水浴、興味のある方は是非参加してみてください。