ウィークリー声の架け橋 第339回目

今回の老舗巡りは皆さんご存知、鰹節の「にんべん」にお邪魔してきました。

お話を伺ったのは、日本橋本店 店長の大場さん。
1699年創業、来年で320年を迎える老舗です。伊勢出身の創業者が江戸に進出、日本橋のたもとで鰹節を売っていたのがお店のはじまり。

現在でも、鰹節そのもの(かたまり)を販売中。もちろん購入する方もいらっしゃるそうで、本店では鰹節削り体験も行っています。
“にんべん”という名前の秘密、鰹節ができるまでの期間どんな工程をたどるのかなど詳しくお話を伺いました!取材のご協力ありがとうございました。

ウィークリー声の架け橋 第338回目

9月2日に行われた中央区の防災訓練に取材へ出かけました。

朝からあいにくの雨となったこの日ですが、
今年は港区・東京都との合同開催ということで、
会場にはヘリコプター、船を使っての輸送など、例年に比べ規模の大きな訓練となりました。

多くの方が訪れた会場から、皆さんの防災への意識の高さを味わうことができました。

ウィークリー声の架け橋 第337回目

築地魚河岸で開催された親子向けセミナーに取材に行ってきました!

夏休み中の小学生・親子を対象に行われた今回のセミナー。今は除去されるようになったちりめんの中に混じっているモンスター(小さなカニやタコなど)を探して、海の生物に触れようという内容です。

子どもたちはこれが見つかった、あれもいた!と大騒ぎ!!
気づくと取材陣も夢中になってモンスターを探していたのでした。

さらに新鮮なイワシを手でさばく作業も体験。地元の飲食店の方が会場で調理し、みんなでかば焼きをいただきました!新鮮で身が大きく、思わず「白いご飯がほしい!」と子供たちに混ざって楽しんだ取材でした。

ウィークリー声の架け橋 第336回目

皆さんこんにちは。リポーターの新宮志歩です。
今週の番組では、8月19日に行われたサマーフェスティバル2018の模様を
お届けしています。

会場となった浜町公園周辺。体育館では綱引きフェスティバルが行われ、
区内外から集まった綱引きチームによる熱い戦いが繰り広げられました。

外の公園内は屋台村と題し、飲食、地域のPRブース、ステージなどが展開され、
夏の最後の思い出を作ろうと、多くの家族連れなどでにぎわっていました。

浴衣姿の方も多く見受けられ、今年も夏満喫!といったところでしょうか。
取材陣も良い汗をかくことができました。
取材にご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。

ウィークリー声の架け橋 第335回目

皆さんこんにちは。
今週の番組は、「人形町せともの市」の様子をお届けしました。

晴天の下で行われた今回のせともの市、60回を超える人気イベントです。
会場となった人形町通りには通りいっぱいにせともののお店が立ち並んでいて、
掘り出し物、探し物などを求めて、会場には多くのお客さんが訪れていました。

岐阜県から先生がお越しになり行われていたのは「美濃焼体験」。
ろくろを回して自分の好きな形・色の器を作ることができるということで、
ろくろの周りには夏休み中のお子さんたちが多く集まっていました。

私もその中に混ざってろくろ回し体験!
ツルっとした冷たい水交じりの泥を先生のサポートによって形作っていきます。

思ったより力を入れすぎるとうまくいかなかったり、想像と違う動きをしたりと
子どもたちよりもうまくいかないことに笑えてしまいましたが・・・

これからもせとものの魅力がここ人形町から広がっていくのが楽しみです!