11月17日

今日はスタジオに女優の藤井咲有里さんをお迎えしました!

さゆりさんとは、「ぴっぴ」というミュージカル作品で出会い、

去年「日輪の翼」という野外劇で再会をしたという不思議な縁で繋がれております★

思い出話は尽きませぬが、咲有里さんの見据える先には12月の舞台がありました♪

マキーフン プレゼンツ「髪をかきあげる」

マキーフンとは咲有里さんの一人ユニットで、大好きな人たちを巻き込んで創っていく舞台創作集団のようです。去年立ち上げ、もう今回で3回目の公演。

去年は作品をスロヴェニアにも持っていくという意欲的な創作ユニットです。

それもそのはず。咲有里さんからはいつでもエネルギーが満ち溢れている♪♪

一目会った人は、その情熱的な吸引力に引きずられていくことでしょう♪♪

舞台芸術を志すタイプの同志として、共感することが多い咲有里さんを

応援したい気持ちでいっぱいです。公演は12月。

いま、けいこの真っ最中。

皆さん、マキーフンのHPをチェックして新高円寺の劇場へ行きましょう!!

 

1曲目:Ne quitte pas(ジャック・ブレル)

2曲目:マキーフンSONG(西山宏幸)

3曲目:8・15NAGASAKI(南谷朝子)

 

11月10日

路地LOGYの日ですが、

中川五郎さんと会えないので

今南谷が通ってる演劇の稽古場の風景をお届けしました。

「くじらと見た夢」@座高円寺1は

劇団燐光群(坂手洋二主宰)の35周年記念公演の第1弾でもあります。

沖縄の基地問題、捕鯨問題が軽やかに絡み合った刺激的な舞台です。

私はなんと、坂手洋二(作家)の書いた劇中詩に曲をつけて歌ってます♪

駆け抜ける海の一大抒情詩をお楽しみに!!

1曲目:Ces gens-la(ジャック・ブレル)

2曲目:Memorial(マイケル・ナイマン)

3曲目:8・15NAGASAKI(南谷朝子)

11月3日

朗読の館では

来日が延期になっちゃってかなしい・・・

エド・シーランをご紹介しました。

ギター1本で歌いきるスタイル、とても参考にしてます^^ギターがリズム楽器に見えてくるんだよね・・・

 

アロンジ・シネマでは

「Behind the COVE」をご紹介しました。

と言いますのも、11月17日~

座・高円寺1にて開催の「くじらと見た夢」(作演出・坂手洋二)に南谷も出演しています。

社会派の名も高い坂手洋二の作品に南谷朝子が楽曲を提供しております。

坂手洋二の詩に曲を付けて歌う南谷。

このコラボは実は2度目ですが、前回は岡山県犬島での公演だったため、あまりご覧になった方がいらっしゃらないのではないでしょうか・・・(東京近辺では)

なので、この奇跡のコラボを是非目のあたりにしてくださいませ!!!

去年アカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞を撮った「TheCove]の裏側をインタビューしたドキュメント返し作品をみて、11月の舞台に備えております^^

 

1曲目:L’amour est mort (ジャック・ブレル)

2曲目:The A TEAM   (edo/SHeran)  

3曲目:8・15NAGASAKI(南谷朝子)

 

10月27日

早いもので10月も最終週です。

アミュゼスクレシネマでは

「リンキング・ラブ」ご紹介いただきました!!

AKB48を全く知らない私でも楽しめたのは、やっぱり音楽の力でもあるのかなあ・・と。ストーリーは至って単純明快で、紙芝居をみてるよう。

主人公がパパママの不仲を案じてバブル期のパパママに会いに行く・・みたいな話なんですが、バブル期の描き方がかなりCoolで面白いんです♪

パパを演じた文学座の渡辺徹さん、ランプの精の西村まさひこさんなど、芸達者のキャストも愉快。脚本・監督は金子修介。

10月28日、明日から丸の内TOEI2 ほか全国ロードショー。

舞台挨拶もあるそうですよ♪詳しくはサイトへ飛んでみましょう♪

 

り★ぶ★る

劇団燐光群35周年記念公演Vol1

「くじらと見た夢」で沖縄のノロの役を演じる南谷・・・ノロとは・・・巫女さんでもあり、神に仕えるお仕事でもあったようです。

かつては自治体の長になることも多かったノロ・・・その調べ物をするために沢山文献を漁っております^^

「晴天の迷いクジラ」 この本は面白かったです!
窪美澄作

自殺をする動物として描かれているクジラの神秘的な描写と、どこにでもいそうな主人公たちの等身大の悩みが平衡したりシンクロしたりしながら書かれていて、いつの間にか主人公と読者が同じ呼吸をするような…小説でした。

 

1曲目:To be Alone (HOZIER)

2曲目:one way genelation(Thing dogs)

3曲目:おねがいポートラム(南谷朝子)

10月20日

第3週目はゲストの週!

11月に高円寺の明石スタジオで上演される「君なしでいきてみよう」に出演の

稲松遥さんにおいで頂きました★

遥さんと出会ったのは3年前

日韓演劇交流センターのリーデイング公演の事でした。

可憐な感じの女優さんですが、芯はなかなか強そうです^^

11月9日(木)~12日(日)に上演される「きみなしで生きてみよう」

Ballads主催公演です。作家:須賀淋太さんと役者で演出の統原直樹さんによるユニット。この二人が作り出す世界の中に稲松遥がどのように入り込むのか、非常に楽しみです。

サンシャインボーイズ(三谷幸喜主宰)の立ち上げメンバーだったという
統原直樹さんの演出方法などを話してもらいました。

ゲストに選んでもらう2曲目は、「きみなしで生きてみよう」の作家:須賀淋太さんからのリクエストでTrying To Live My Life Without You
須賀さんは、私が在籍していた劇団木冬社の作家:清水邦夫のファンだと仰ってました。そんな須賀さんが紡ぎだす作品を彩るのはどんな音楽なんだろうなあ・・と、

想像の翼を広げながら。公演を楽しみにしております!!

 

 

 

 

 

1曲目:In the woods somewhere(HOZIER)

2曲目:Trying To Live My Life Without You」 Otis Cray

3曲目:お願いポートラム(南谷朝子)

10月13日

今週は路地Logyですが、

10月12日から上演の「天守物語」から
メンバーの皆さんがスタジオにお出で下さいました!

 

 

もんもちプロジェクトの歴史やら、今回の新作への思いなどを、賑やかにしゃべってもらいました★

中原和樹さんは、日本演出者協会の”2017年度優秀演出家”に選ばれている演出家。
私は初めてお会いした時は、その稽古場へ伺ったのですが

「役者の状態を見抜く演出家だな」というのが印象的でした^^

丁度今上演中ですが

15日の日曜日までどんどん進化し続ける舞台になりそうです♪

南谷はどんな役かって??

観てのお楽しみです^^

きっと扮装はかなり楽しんでいただけると思いますよ♪

 

1曲目:Somewhere new(HOZIER)

2曲目:杵屋直光with古典芸能普キュー委員会

3曲目:おねがいポートラム(南谷朝子)

 

10月6日

10月です。

2017年もいよいよ後半戦・・・

南谷は10月、11月と舞台が続きますが、夏~9月にかけての「日輪の翼」パワーで駆け抜けるつもり^^皆様よろしくお付き合いください(mm)

17/09/19 15:01:23

 

 

 

★朗読の館

城崎合宿稽古で同室だったSyndy恩田(イラストレーター)が「課題曲だ」と言っていたHOZIER のTake me to the Churchを読みました★

SYNDYが You tubeで見せてくれたこの曲の動画が衝撃的で・・・

知らない曲だらけの私に新しい風を送り込んで下さる皆さんに感謝しながら。

★アロンジ・シネマ

「シング・ストリート」をみました。遅ればせながら。先月のドイツ映画もそうだけど、少年たちがもがく映画って永遠に不滅だなって思います。・・・どうして少女じゃダメなんだろう…そして私の関心の一つでもある少女の中の少年性。

映画はそんなことをたくさん私に想像させてくれます

 

1曲目:From Eden (HOZIER)

2曲目:take me to the church(HOZIER)

3曲目:おねがいポートラム(南谷朝子)

9月29日

5週目だ!

ババルデ・シネマだ!

垂水みるさんとお届しました。

 

「ロスト・イン・パリ」

非常に繊細で、大胆で、スタイリッシュでキッチュな映画でした。

カラフルな美術も素敵だし、セーヌ川(特にエッフェル塔)やシテ島のあたりの観光映画としてもグッとくる映画です。

コインランドリーを愛用するパリ市民の風景なんてのも観る事が出来てお得感満載。

カナダ(しかもかなり都市部からは外れた村)から、バックっパッカーのような格好でパリの地下鉄に乗る主人公の可愛らしさ。

主演&演出はアベルとゴードンという道化師の夫婦です。映画界でも二人の作る作品は一目置かれているようですね。ある意味、美術作品を創るのと変わらないスタンスが感じられる映画でした。

自分の型を持つという事の素敵さも教えてくれる映画でした・・・

 

垂水さん、又映画観に行きましょうね★

 

1曲目:Michelle(BEATLES)

2曲目:Les Nuits Romaines(CALOGERO)

3曲目:サルビアの花(南谷朝子)

9月22日

アミュゼ・スクレ・シネマ

デビット・リンチ特集です。
ハリウッドの異端児、カルトの帝王と呼ばれ、70年代尾から傑作を発表し続けているリンチの制作50周年を記念しているようです。

6作品を一挙公開。

ワクワクしますね★

「イレイザーヘッド」「エレファント・マン」「ツイン・ピークス」「ロスト・ハイウエイ」
「マルホランド・ドライブ」「インランド・エンパイア」の6作品です★

9月30日()~角川シネマ新宿他順次公開・・・DVDも発売されてます!!

フリーマンオフィスの中村茉莉さん いつもありがとうございます。
デビットリンチの映画音楽が、私の心に響きます・・・

 

り★ぶ★る

世界中がうたえば」(まっと作)

岩手県のシンガーソングライター・まっとの絵本と歌声をお届けしました。
今年の春に出会ったるみさんお勧めのアーテイストです★

まっとさんの歌声をBGMで喋ると、歌詞を聞いてしまって上手く話しになりませんでしたが(笑)
ナイーブな歌い手さんだろうと思います。
いつかお会いできるのを楽しみにしています。

1曲目:てんとう虫(一青窈)

2曲目:ツインピークスのテーマ

3曲目:サルビアの花(南谷朝子)

 

9月15日

9月15日

今日はゲストにおいで頂きました!!

”女優女将”の名前で、AVEXのお料理教室をやっていた

太田知子さんです

もう、知子さんの作る料理はブログにもUPされるたびに観る人がため息つきたくなるような素敵さ。写真の腕も、料理の腕もどんどん上がってる彼女に、色々お話し伺いましたよ★

太田さんは音大ピアノ科卒業後、先生をしていたのに突如「蜷川スタジオ」へ
蜷川幸雄チームの一員として、外国へ行ったり大きな舞台に出演したり・・・

今は介護で役者業は休業中ですが、元から得意だった料理の腕を買われて各所で料理研究家としてもひっぱりだこです。

今度、雑誌にも太田さんの料理が特集されたらしいので、是非買ってみてくださいね♪♪作れる人は即チャレンジしましょう
♪♪ ♪♪
「カレーパンバイブル」に、太田さんの”揚げないカレーパン”の記事が掲載されているようです

(写真は太田さんのFBページからの転用です。)

1曲目:虫の女(戸川純)

2曲目:花咲く乙女よ穴を掘れ(ムーンライダーズ)

3曲目:サルビアの花(南谷朝子)