1月18日

今日は振袖火事の日・・・

皆さん。「火の用心」の季節ですよ!

督夫さんを待って「督夫’sチョイス」は今年も続きます♪

 

吉田さんが教えて下さる中野督夫のFavoriteアーテイスト

今月はニック・デカロを勉強しましたーッ。

1曲目:初めてのミントカクテル(岩崎良美)

2曲目:ジャマイカの月の下で(ニック・デカロ)

3曲目:Tea For Two(ニック・デカロ)

4曲目:うちわもめ(センチメンタル・シテイ・ロマンス)

1月11日

2019年です。己亥。いのしし年であり、平成は5月に終了することが決まっています。新しい元号は・・・と想像しながら日々を送る2019年1月。

★朗読の館

レデイ・ガガ「Shallow」を紐解きました。言わずと知れたレデイ・ガガの主演映画「アリー・スター誕生」の中の1曲です。

★アロンジ・シネマ でも、「アリー~スター誕生」を再び紹介しました♪♪

音楽映画としても、恋愛映画としてもGood. LIVEシーンの臨場感は格別でした♪♪監督で主演のブラッドリー・クーパーのこだわりが心地よかったです。
お正月映画の中では「シュガー・ラッシュ」が一番気になってるかな・・
なんたって、ディズニー映画のプリンセスたちが脇役で登場して、言いたい放題らしいので(笑)
楽しそうですよ♪

1曲目:初日の出(チャットモンチ―)

2曲目:Shallow(レデイ・ガガ)

3曲目:雪(早川義夫)

12月28日

ああ。今年も終わってしまうのですね~。

今年は南谷、温故知新な年でもあり、死中求活な年でもあったのです。
6月にBAND仲間の中野督夫さんが倒れ、今も闘病中です。TN0202は、督夫さんの復活を待って、進化(PROGRES)し続けていようと思います。

お芝居の舞台では、自分のルーツである作家:清水邦夫の「楽屋」を20年ぶりに上演。12月には古典シェイクスピアの「リア王」でエドガーという重要な役を演じました♪♪

 

映画も何とか毎月見ておりましたが・・・

2018年の締めくくりにフリーマンオフィスの中村茉莉さんが教えてくれたのは・・・!!

2019年2月公開の「ジャンクション29」です。

オムニバスの青春映画・・・です。

笑いあり、しんみりありの。

出演してる男子が、どうやら人気アイドルグループのメンバーらしいのですが・・・全く知らず・・・でも、それぞれのストーリーをご機嫌に演出しているであろう監督の満足が見えてくるような映画でした★茉莉さん。来年もよろしくお願いします!!

 

1曲目:ひとりごと(ミュージカル「回転木馬」より)

2曲目:ジャンクション・Endingテーマ(はやみさおり)

3曲目:セレーノに降る雪(南谷朝子)

12月21日

クリスマスまじかです!!

ゲストコーナーですが、渋谷の街に繰り出して

垂水みるさんと映画を観た帰りにカフェマシーンのあるカフェで

お喋りした様子をお届けしました★

「マチルド、翼を広げ」

とても愛にあふれた映画でした・・・垂水さんは毎年恒例の(写真参照)クリスマスフルーツケーキの作成~販売・発送作業に明け暮れるお忙しい中。

 

 

ほんのひと時一緒に、映画を楽しみました★

因みに垂水さんのフルーツケーキ。2018年版は極旨。
例年に増してうまみが増しています。どんな魔法をかけているのでしょう・・・^^毎年頂いている私は、ボジョレヌーボーのように「当たり年」を発表したくなるのでした♪♪

1曲目:孤独について(南谷朝子)

2曲目:Oh my Mama(アリーラ・ダイアン)

3曲目:セレーノに降る雪(南谷朝子)

12月14日

督夫’sチョイス!です。

中野督夫さんが闘病生活に入って半年が経とうとしてます。

南谷は督夫さんの復活を待ってこの「督夫’sチョイス」のコーナーを続けます。(TN0202というユニットも進化させ続けながら)

さて、12月はステファン・ビショップに注目★

吉田さんが「督夫さんの曲にはステファン・ビショップのフレーバーがある」というヒントを私に下さったのです♪

そこで今回は、ステファン・ビショップを紐解きました♪

こうして、自分だけでは発見できない音楽を見つけていく楽しみができ、有難い限りです。後半は中川五郎さんにクリスマスSONGを教えて頂きました♪

 

1曲目:I’m married an angel(Chet Baker)

2曲目:Careless(ステファン・ビショップ)

3曲目:DING DONG(スイアン・ステイーブンス)

4曲目:うちわもめ(センチメンタル・シテイ・ロマンス)

12月7日

2018年も12月!

朗読の館

HouseOf Rising Sunを紐解きました★

BOB DYRAN も歌ってるこの曲ですが、アニマルズのヴァージョンが気になってした。ブレイクのきっかけになったアニマルズヴァージョン・・・
でも歌詞は、驚いたことに性別逆転して歌われていたとか。
昔、舞台を創る時に原作の性別を逆転させて上演した時に、翻訳者に怒られたのを思い出しました・・・性別を超えても訴えるもの、性別を守ってこそ輝くもの・・・見間違わないようにしたいものです…

アロンジ★シネマ

アリー・スター誕生をご紹介しました。

なかなか映画に行けない11月でしたが・・・年末年始は映画ですよね♪♪

1曲目:クリスマス・ラブ(サザンオールスターズ)

2曲目:House of Rising Sun(アニマルズ)

3曲目:セレーノに降る雪(南谷朝子)

11月30日

11月も晦日です。

アミュゼ★スクレ★シネマ

「ウオーキングデッド」がシーズン9放送中・・・で、

12月26日から、シーズン⑧のDVDBOXが販売開始になる!とのことで、

フリーマンオフィスの中村茉莉さんとウオーキングデッドの魅力について思いっきりお喋りしました^0^

おもえば、2010年から始まったシリーズ。開始直後は、その展開のスリリングさと、状況設定のスケールの大きさに度肝を抜かれた私。友情、愛情、世界の終わり・・・めくるめく展開に心を奪われておりました。

それから、色々なキャラクターが育ったり別れたりしながらもう7年。主人公Rickの息子がもう青年になっている・・・なんだか、TV映画と一緒に自分も年を重ねたんだなどとも思ったり・・・感慨深い。

ともあれ、

ロングランシリーズ:ウオーキングデッド。こうなると、原作もシリーズも、どう終結させるのがが気がかりでしょうがない私です(m_m)

 

★ゲストコーナー

今週も旺なつきさん、田中香子さん、嶋多佳子さん、の3人が「リア王」の稽古場から駆け付けて下さいました。
今週は「リア王と道化」についてお話を伺いましたよ♪

道化ってのは、職業だったんですよね~今回の公演の道化がどんな風にリア王と絡んでいくか、一緒に演じてる私も楽しみにしてるんです~

嶋さんは、最近お芝居の世界に飛び込んでらした役者さんですが、その好奇心でどんどん自分の世界を繋げていかれる事と思います。私達もあと1週間の稽古場を盛り上げていきたいと驀進中!!!

 

1曲目:God Bless You(ゴスペラーズ)

2曲目:ウオーキングデッドのOpening Theme

3曲目:死後生(南谷朝子)

 

11月23日

勤労感謝の日。ですが、

私達は勤労し続けております~♪♪

今日は、スタジオに 女優さんが3人も!!華を添えてくれました♪

12月7日(金)~9日(日)の3日間 座・高円寺2にて上演される

TYPES公演「リア王」に出演の皆さんです★

リア王の旺なつきさん、
エドマンド(悪の2枚目^^役)は文学座の高橋紀恵さん、
そしてリアの長女ゴネリル=俳優座の早野ゆかりさん、です!!

皆さん演劇界では活躍しまくっている方々ですが、普段はとてもチャーミング、そして女が3人集まると姦しいといいますが、その言葉にたがわず、切り替えの早い会話が途切れる事のない稽古場です♪
稽古場が其の儘お引越ししてきたかのようなスタジオでした♪

リアを取り囲む2家族の物語を、女優たちがその手足、脳ミソ、身体のすべてを使って具体的にしていく作業は観ていてとてもスリリングです。
リア王の物語を現代にも通じる物語として立ち上げる底力を湛えながら稽古場で私たちを引っ張っていく(旺さん)、
悪の象徴と言われる役どころのエドマンドを、そうならざるを得なかった切り口から造形していこうと(紀恵さん)・・・また、今まで悪女役が多かった自分の引き出しを総まとめしたような役作りをと(ゆかりさん)・・・
TYPES公演「リア王」への想いが、これでもかというくらいにスタジオに響き渡りました^^
演出家(男性=新本一真)が時折、うっとりしてこの男前の女優たちを見つめている瞬間を、稽古場で南谷は見逃したりしてませんよー♪♪

ともあれ、稽古もあと2週間余。

私達の「リア王」@ 座高円寺2 (12月7日~9日)

是非、体験しにお出かけください!!
クリックして情報をGetしてください♪♪

 

1曲目:神の御子は今宵しも(ケルティックウーマン)

2曲目:Ol’ Man River(サミー・デービス・Jr)

3曲目:死後生(南谷朝子)

11月16日

アロンジ★シネマ

11月9日から封切りされてます!TOHOシネマズ系

「ボヘミアン・ラプソディ」

名前からもう一目瞭然。イギリスのバンドQueenの映画です。しかも、フレデイ・マーキュリーに焦点を当て、ブライアン・メイから本物の衣装や小道具などの提供を受けた超マニアックな映画です(それでいてPOP)

音楽の力が導くままに観客はスクリーンに魅了されることでしょう・・・ただ、感じたのは、フレデイ・マーキュリーの声は唯一無二だったという事実です・・・

ああ。良くも悪くも伝説は目にしておかなければ!

です。

後半は南谷の9月の九州歌旅の呑気な様子をレポートさせて頂きました。旅が自分の生活から切り離せないものになってきてる事を感じる秋・です^^

1曲目:GOD69(オレンジ・レンジ)

2曲目:ボへミアン・ラプソディ(Queen)

3曲め:死後生(南谷朝子)

11月9日

11月ももう2週目です。

2週目は「督夫’sチョイス」です。

中野督夫さんが好きなミュージシャンを南谷が研究しようというコーナーになっています・・・というのも督夫さんが2018年6月に病気で倒れて闘病中だからです!

今月は「バーズ」をひもときました♪♪

1964年に誕生したバーズのメンバーの中で私が知っていたのはただ一人。D.クロスビー。

今私も督夫さんと武田理沙と結成したユニットTN0202の成長のためにいろいろ心砕いているのですが、意思のある大人同士が自分のやりたいことを一緒にやる、その為におんがくというツールを使う、ってことの難しさと素晴らしさと、高揚感と寂しさやむなしさを、いっしょくたに感じる毎日です。

バーズの活動歴を調べるにつけ、そんなことが自分の頭の中に去来しました・・
はい。今回の督夫さんの写真は、何年か前の大阪の春一番でのスナップショットです!(吉田さん写真提供)

 

1曲目:童神(山本潤子)

2曲目:Eight miles high(Birds)

3曲目:Old John Robertson(Birds)

4曲目:うちわもめ(センチメンタルシテイロマンス)