Home > 未分類 > インドのクリスマス!(Christmas in India)

インドのクリスマス!(Christmas in India)

Today we had a guest from India. Savari Muthu, an Indian restaurant chain owner who runs three restaurants in Tokyo (Okubo, Shinjuku-ku) and Chiba. He told us about “Christmas in India”.
You may be confused, like “How do I associate Christmas with India?”. Actually I also thought that.
今週はMy Eyes Tokyoクリスマス&新年特集第1弾として、新宿区大久保と千葉市内で「ムット」というインド料理レストランを3店舗経営している、サバリ・ムットさんをスタジオにお招きしました。
「え、インドでクリスマス!?」とお思いの方も多いでしょう。事実、私もその一人でした。

Entrance of his second branch.2号店入口

I got to know about Muthu on the website of “Niki’s Kitchen”, a cooking school which foreigners teach their home-style dishes at their homes. When I was looking at Muthu’s page, attractive wise words jumped out at me.
“You may associate Hinduism with India, but I’m a Christian. Therefore I can cook anything including beef, pork and chicken.”
“That’s interesting!” I felt so and sent a mail to Naoko Tanase, a representative of Niki’s Kitchen, to ask her if I could have Muthu as a guest. Tanase san said YES and provided a bridge from me to him, and then my request was OK’d.
私がムットさんを知ったのは、以前もゲストにお呼びした”外国人の自宅でその国の家庭料理を習える”がコンセプトのユニークな料理教室「Niki’s Kitchen」のホームページでした。何気なくムットさんのページを見ていたら、こんな言葉が私の目に飛び込んできました。
「インドというとヒンドゥー教のイメージが強いと思いますが、私はクリスチャンです。食事の制限がないため、牛、豚、鶏となんでも調理できるのが私の強みです」
これは面白い!と思った私は、早速Niki’s Kitchen代表の棚瀬尚子さんに連絡し「ぜひムットさんに”インドのクリスマス”についてお話ししていただきたいんです」とお願いしました。その申し出を快諾して下さった棚瀬さんが橋渡しをして下さったおかげで、このたびムットさんにゲストにお越しいただけることになりました。

In India, Hindu is predominant as you might guess. And Christian is the third-most populous there (Muslim is second behind Hindu). Christians in India attend Christmas Mass with their families around the time when the date changes to Christmas Day. After that, they toast with coffee or tea (if you want to drink, you can do it outside).
Then they give Christmas presents to their family members and neighbors. Even if their neighbors are Hindu or Muslim, Christians in India say “Merry Christmas!” to them and give presents. And they receive things from their neighbors in return on the days of their festivals.
インドで一番多いのはヒンドゥー教徒で、クリスチャンは3番目に多いのだそうです(2番目はイスラム教徒)。インドのクリスチャンたちは、日付がイブからクリスマスに変わる頃に家族でミサに行き、帰って来たらコーヒーや紅茶で乾杯します(お酒は、飲みたい人だけが外で飲んだりするそうです)。
そして・・・私が感動したのはここからです。彼らは家族同士だけでなく隣の家々にもプレゼントを渡すそうですが、お隣さんがヒンドゥー教であってもイスラム教であっても「メリークリスマス!」と言ってプレゼントを渡し、その代わりにヒンドゥーやイスラムのお祝いの日には、お返しとしてプレゼントをいただくそうなんです。

Muthu san said, “We go beyond creed. We’re like brothers.” I remembered the last week’s talk with Rabia Tanaka, who manages a Russian cultural circle called “Teremok”. It welcomes anybody no matter who you are and no matter where you are from. I held hope that it wouldn’t be impossible for us to live in peace with those who have different backgrounds.
ムットさん曰く「宗教は違っても、みんな兄弟のようなものです」・・・この言葉を聞いて、私は先週の放送を思い出しました。エカテリーナさんのご友人の田中ラビヤさんが運営する、誰でもウェルカムの「テレモーク」です。バックグラウンドが違う人同士が、争うことなく仲良く暮らす。絵空事だと思われてしまいがちなことは、決して不可能なことではないんだという希望を、私は抱きました。
そんな平和の国から来たムットさんの料理教室ですが、来年1月15日まですでに満席で、キャンセル待ちをしなくてはならない状態です(空き状況はこちらをクリックし、”クラスの履歴”からご確認下さい)。


Lunch meals. Each includes a glass of drink (Left) Lemon rice meal (right) Parota meal
ランチメニュー(1ドリンク付き)。左はレモンライスのセット、右は”パロタ”というパンの一種のセットです。

BTW, you’ll have chances to have Muthu’s Christmas dinners from December 23 through 25! He’ll prepare special meals for both vegetarians and non-vegetarians. Those cost ¥2500 (including 1 drink and a Christmas present from Muthu san) & ¥3,500 (including all-you-can-drink and a Christmas present). So go to “Muthu” near JR Okubo Station with your families, friends or lovers. Hopefully I also will be there… with a girl :)
でも、ムットさんの作るクリスマスディナーをいただくチャンスはまだまだあります!
12月23日〜25日の3日間「ムット」ではベジタリアンとベジタリアンでは無い人のための特別クリスマスディナーが、2500円と3500円のコースメニューで味わえます。2500円の方は1ドリンク付きで、しかもムットさんからのプレゼント付き、3500円の方は2000円分のコースメニューと飲み放題&プレゼント付き!ですので、ご家族・ご友人・恋人を誘って行ってみて下さいね。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック:2

このエントリーのトラックバックURL
http://fm840.jp/blog/myeyestokyo/wp-trackback.php?p=1472
Listed below are links to weblogs that reference
インドのクリスマス!(Christmas in India) from My Eyes Tokyo
pingback from サバリ・ムットさん(インド料理) | My Eyes Tokyo Interview 11-09-16 (金) 3:20

[…] *インドでのクリスマスの過ごし方は、こちらから! […]

pingback from Savari Muthu (India) | My Eyes Tokyo 11-09-20 (火) 23:30

[…] * Click here and see how to spend the Christmas holidays in India! […]

Home > 未分類 > インドのクリスマス!(Christmas in India)

My Eyes Tokyoの本が出版されています

My Eyes Tokyo マイ・アイズ・トウキョウ My Eyes Tokyoの主催者 徳橋功さんの本です。My Eyes Tokyoのサイトには掲載されていないインタビューもあります。ぜひご覧下さい。
Theme song
"Good News" by Nothing Ever Lasts Nothing Ever Lasts is a 3-piece band which was formed around Nel, a Japan-based American singer songwriter.*Interview with Nel
日本語で歌うアメリカ人シンガーソングライター”音流(ネル)”率いるNothing Ever Lastsが贈る応援歌。*詳細

Return to page top