人がつながる場所(Where people connect with each other)

For our first session in December 2010, we had a woman who’s been a good friend of Ekaterina’s for more than a decade as a guest. Rabia Tanaka, an organizer of a Russian language & cultural circle called “Teremok” in Matsudo, Chiba Pref.
12月最初のMy Eyes Tokyoは、エカテリーナさんのお友達をお呼びしました。千葉県の松戸市内で”テレモーク”というロシア語・ロシア文化サークルを運営している、田中ラビヤさんです。

I saw her for the first time at a venue of Ekaterina’s kimono show on November 9. After the curtain, Ekaterina’s friends and fans rushed to her and Rabia san was one of them.
She ran to Ekaterina, hugged her and took some photos with people. I was just looking at a series of her moves without talking to Rabia san. I wondered who that energetic woman was.

私がラビヤさんを初めてお見かけしたのは、11月9日にホテルニューオータニで行われたエカテリーナさんの「コンサートwithファッションショー」の会場でした。終演後、ファンの方や関係者、ご友人の方々がエカテリーナさんのもとに殺到しましたが、その中に、ラビヤさんがいました。
私は当日、スタッフとしてエカテリーナさんのニューアルバム『夢』の販売を手伝っていましたが、 ラビヤさんは満面の笑顔で、私の隣にいたエカテリーナさんのもとに駆け寄り、抱き合い、そしていろんな人を交えて記念撮影をしていました。結局その時は、私はラビヤさんとは一言も言葉を交わしませんでしたが、その一連の行動の素早さや人々を気遣う優しさ、人を元気づける笑顔に圧倒された私の脳裏に「この人は、一体どんな人なんだろう?」という思いがよぎりました。

I asked Ekaterina who she is some days later. Then Ekaterina told me that we should have her as a guest because her idea is very similar to ours. She’s held parties and events with many kinds of people including Russians, Japanese and other foreigners so far. That’s why Ekaterina asked her to appear on our show.

それから数日後、私はその疑問をそのままエカテリーナさんに伝えました。すると彼女は「あの人、すごくMy Eyes Tokyoのコンセプトに合っている人だよ。ロシア人とか日本人とか関係なく、いろんな人と一緒に、ロシア語を教えたりパーティーを開いたりしてる。だから、ぜひゲストに呼びましょう!」と言って、その場でラビヤさんに電話をかけ、エカテリーナさんが出演交渉をしてくれたのです。

BTW, let me tell you what the name of her circle means. “Teremok” is a Russian fairy tale which is familiar to every single child there. Rabia san told me about its story very gently like a mother.

ところで”テレモーク”という名前の由来ですが、ロシア人なら誰でも知っている童話の名前なのだそうです(さしずめ日本人にとっての「桃太郎」や「浦島太郎」といったところでしょうか)。番組中ではラビヤさんが、まるで優しいお母さんのようにその物語のあらすじを話してくれました。

A frog found a tiny house. He loved it very much and invited many beasties there. One day a bear came to a house and asked them if he could join. He tried to enter there but tore it down. Then everyone built a bigger house and lived in harmony with each other… That’s a skeleton of Teremok.

誰も住んでいない小屋を見つけたカエル。すごく小屋を気に入って、そこにいろんな小動物も招き入れて住み始めました。ある日、クマがやってきて仲間に入れてもらおうとしたところ、小屋を壊してしまったので、みんなでもっと大きくてキレイな小屋を作りました。そこでみんな、仲良く暮らしたとさ・・・それがロシアに古くから伝わる童話「テレモーク」です。

*Click and learn about Teremok more! → http://www.youtube.com/watch?v=eCzmUR9Ad8I

Rabia san and her friend organized Teremok in 2005 to build a trading post where anyone can enjoy spending time like animals in the story of the Russian fairy tale. Japan is a foreign land for foreigners including Russians and they tend to suffer from isolation. Rabia san was no exception.
Also she felt much distress at increase in number of suicide victims and stay-at-homes in Japan. So she brought many Japanese into her circle as well.

いろんな人が集まって、仲良く楽しく時間を過ごせる場所にしたい、というラビヤさんの思いを込めて作られたのが、ラビヤさんの”テレモーク”です。今から5年前、2005年のことでした。
ロシア人や他の外国人にとって、日本は異国であり、人々は孤独に陥りやすい。それはラビヤさんとて例外ではありませんでした。だから、心の寂しさを癒せる場所を心底欲していました。それと同時に、自殺者や引きこもりの人の数が増えている日本の現状に心を痛めていたラビヤさんは、ご自身の出来ることとして”テレモーク”の活動に日本人も招き入れました。

*テレモークのフォトアルバム(Photo album):http://www.terem-teremok.jp/photosalon.html

Then a Russian language class started in 2006. Students study the language while having some tea, coffee or snacks, but they learn its grammar very seriously for the Russian language certificate exam. They have a 4-hour lesson every Saturday. You’ll be welcomed even if you are not Matsudo residents.

そうやって2006年に始まったのが、ロシア語教室です。紅茶やコーヒー、お菓子をいただきながらリラックスした雰囲気で勉強しつつ、しっかりと文法も勉強してロシア語検定試験への対策もします。1回につき4時間の授業を、毎週土曜日に行っています。松戸の住民でなくてもVery Welcome!だそうで、中には松戸市民ではないけど月謝の安さやラビヤさんのキャラクター、そしてテレモークの雰囲気に惹かれて、毎週電車に乗って授業に来られている生徒さんもいました。また、ロシア語試験の4級に受かった生徒さんのために、盛大なパーティーも開いていました。生徒さんたちは、とっても楽しそうでした。

Rabia san said, “I’m like a ‘glue’. I feel happy when I find people connect with each other at Teremok.” She doesn’t like to call attention to herself. What she wants to do is to entertain others or to get them excited.

「ラビヤさんの原動力は、何ですか?」と以前お聞きしたとき、こうおっしゃいました。「私は”のり”なんです。人と人とをつなぎ合わせる”のり”としての生き方に、喜びを感じます」。前に出て自分をアピールするのではなく、むしろ人を立て、人を楽しませることこそ、私のやりたいことなんだ、と。

That’s why Rabia san hesitated to come to our studio a little bit. But she said OK finally because she thought that her stories would be able to reach lonely people. But she doesn’t mean that she wants you to come to Teremok. She wants you to find places “like” her group if you feel lonely.

だから、実は先ほど申し上げた、エカテリーナさんからの出演交渉には、ちょっと迷われたそうです。でも最終的にOKのお返事をいただけたのは「心が寂しい人や孤独な人に、ラジオを通じてヒントをあげることができるかもしれないから」という理由でした。ラビヤさんは「必ずしもテレモークには来なくても構いません。テレモーク”のような”場所を見つけて、寂しさを癒してほしいです」とおっしゃっていました。

If you get interested in Teremok, send an e-mail to suzi☆lily.sannet.ne.jp. (When you send a mail, replace ☆ by @)

もし皆さんの中で”テレモーク”にご興味を持たれた方がいらしたら、選択肢の一つとして、ご参加を考えてみてはいかがでしょうか。
連絡先については、http://www.terem-teremok.jp/index.htm の下の方、「ロシア語教室のお知らせ」の項目をご参照下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)