11月6日

朗読の館
a Change will Gonna Comeを紐解きました。秋になると聞きたくなるサム・クックの名曲です・・・改めて歌詞を噛みしめると、今年の全米オープンテニスで優勝した大阪なおみ選手が示したAtitudeを思い出しました。私は舞台活動をしていることでAtitudeを示しているつもりですが、より明確でストレートに人々の心に響く言葉や歌を届けられる人は素敵だな、と思います・・・

 

★アロンジ!シネマ★
スウエーデンの奇才・ロイ・アンダーソン監督5年ぶりの映画です。

ロイ・アンダーソン監督:::1970年に長編『スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー』で映画監督としてデビュー。第20回ベルリン国際映画祭でインターフィルム賞をはじめとする4つの賞を受賞した[1]。しかし、長編2作目となる『Giliap』(1975年)が興行的にも批評的にも失敗したことから、その後25年間長編映画を製作しなかった[2]1981年に映画会社Studio 24を設立。映画以外にCMなども手掛け[3]カンヌ国際広告祭で8度の受賞を果たした。2000年、25年ぶりの長編作品となる『散歩する惑星』を発表。同年の第53回カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞した[4]2007年には長編4作目となる『愛おしき隣人』を発表。シカゴ国際映画祭監督賞など様々な賞を受賞した[5]2014年、『さよなら、人類』が第71回ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞した[6]。同作は『散歩する惑星』、『愛おしき隣人』とともに三部作「リビング・トリロジー」を構成する作品である。

その監督の最新作が

「ホモ・サピエンスの涙」

 

もう、このフライヤーの写真見ただけでわくわく。これをみると、シャガールの絵を連想してしまい、でもカップルが飛んでいるのは灰色の空・・てところに又郷愁を感じるんです~。

1曲目:山の音(クレージーケンバンド)

2曲目:a change is gonna come(SAM COOKE)

3曲目:YUREI(南谷朝子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です