Home > 未分類 > 今夜のトーク in 日本語

今夜のトーク in 日本語

みなさん、”Fly-jin”(フライジン)という言葉を耳にしたことはありますか?3月11日の地震発生後、余震や放射能の影響を避けるために母国に飛行機で帰った人々(Fly+Gaijin) のことで、震災後に主にTwitterで飛び交った言葉です。
しかし、その逆もいます。つまり、震災後に日本に来る外国人です。もちろん外国からの医療チームやボランティアチームなど、多くの団体が手を差し伸べてくれましたが、今週ご紹介するのは全くの個人です。

ターニャ・ソブコさん。スウェーデン出身の栄養学博士で、現在は中国やイギリスとのビッグプロジェクトのために香港で活動しています。2006年から2009年まで日本滞在、かつては“Niki’s Kitchen”で料理を教えていました。”Niki’s Kitchen”はMy Eyes Tokyoリスナーの皆さんには馴染みある名前だと思いますが、東京エリアと大阪に約30の教室を展開する、外国人の自宅でその国の料理が学べる料理教室です。

*ターニャさんについては、詳しくは こちらをご覧ください。以下、ターニャさんとのラジオインタビューの概要です。

● ターニャさんは今月始めに日本にいらしたとのことですが、日本ではどんなことをされたんですか?
(ターニャ)私が日本に来たのは、震災がきっかけです。ニュースで知って、本当に日本の皆さんが心配になりました。日本にはたくさんの友人がいますから「日本に行かなくちゃ!」と思いました。

● なんでも、チャリティー料理教室を開いたそうですね。
(ターニャ)「そうです。私は日本のために自分のできることをしたいと思っていましたが、何をすべきか分かりませんでした。私が今滞在している香港の家に友人を招待しようと思いましたが、もちろん彼らは断りました。
そしてお金を寄付することを思いつきました。でもただお金をスウェーデンや香港で集めて送金するのではなく、私が直接日本に行くことで彼らとのつながりや連帯感を示したい、と思ったのです。
その方法として一番シンプルなのが、料理教室を開くことでした。誰かと料理をすることで、震災の出来事を共有しつつ、普段の生活と同じように楽しみながら料理を学ぶ。そういう空間を提供することなら、私にもできる!と思いました。

● 何人くらい、ターニャさんのクラスに参加したんですか?
(ターニャ)2回クラスを設けましたが、合計で12人でした。

● 思い切ってお聞きしますが、どのくらいの金額が集まったんですか?
(ターニャ)4万8000円です。

● すごいですね!それはどこかの団体さんに寄付されたのですか?
(ターニャ)ええ、日本のあるNGOに寄付しました。私もお役に立てたかも、
と思うと嬉しいですが、これは私の力ではなくNiki’s Kitchenさんの力です。

● 料理教室で教えたのは日本料理ですか、スウェーデン料理ですか?
(ターニャ)スウェーデン料理です。私がかつて日本に住んでいた頃に Niki’s Kitchenでスウェーデン料理を教えていました。しかも栄養たっぷりの料理です。日本の料理はヘルシーさではスウェーデン料理のさらに上を行きますから、日本人はヘルシー料理が大好きです。

● 専門家が太鼓判を押す日本料理です(笑)
(ターニャ)私が当日用意したレシピは、鯖を使った料理、サラダ、ポテトパンケーキです。

*当日のターニャさんのレシピについては、こちらをどうぞ。

● 生徒さんは楽しんでいましたか?
(ターニャ)ええ、とっても。みんなで談笑しながら料理したり、出来上がったものをいただいたりして、楽しい時間を過ごしました。

● でもターニャさんの突然の日本訪問は、驚きをもって迎えられたでしょうね。今のような、日本を出ようという動きがある状況ならなおさらです。
(ターニャ)驚いたでしょうし、嬉しいことに喜んでもくれました。世界中の人たちが日本を応援していることも、感じていただけたのではないでしょうか。

● 最後に被災地の方々にメッセージを。
(ターニャ)被災地のみならず日本全国の皆さんにお伝えしたいのは「お互い助け合って、できるだけ早く元の生活に戻って下さい、ということです。今はとても大変な時だとは私も存じていますが、日本人はとても思いやりがあり、お互いにケアし合う人たちですから、事態の改善にそれほど時間はかからないと思います。

● ありがとうございます。日本の人たちはきっとターニャさんがしてくれたことに感謝しています。
(ターニャ)そうだといいですね。それに加えて私の友人たちと彼らのご家族には、この先幸せがあるように心から祈っています。そして私がどれだけ日本を愛しているかを伝えたいし、世界中の人々が日本の皆さんを愛をもって見つめていることも、忘れないでいてほしいです。

● また日本に来てくれますよね!
(ターニャ)ええ、その時はもっと多くの人を連れてきますね。

*写真提供:棚瀬尚子さん(Niki’s Kitchen代表)

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://fm840.jp/blog/myeyestokyo/wp-trackback.php?p=2423
Listed below are links to weblogs that reference
今夜のトーク in 日本語 from My Eyes Tokyo

Home > 未分類 > 今夜のトーク in 日本語

My Eyes Tokyoの本が出版されています

My Eyes Tokyo マイ・アイズ・トウキョウ My Eyes Tokyoの主催者 徳橋功さんの本です。My Eyes Tokyoのサイトには掲載されていないインタビューもあります。ぜひご覧下さい。
Theme song
"Good News" by Nothing Ever Lasts Nothing Ever Lasts is a 3-piece band which was formed around Nel, a Japan-based American singer songwriter.*Interview with Nel
日本語で歌うアメリカ人シンガーソングライター”音流(ネル)”率いるNothing Ever Lastsが贈る応援歌。*詳細

Return to page top