ロシア人学校@中央区(A school for Russians)

Do you know there is a school for Russians in Chuo-ku, Tokyo? It’s small, but you would hear no other languages than Russian once you enter a classroom. You would forget that you’re in the heart of Tokyo. It’s called “Rosinka”, which is run by two Russian women, Olga Yakovleva and Mariya Kuraoka.
“Rosianka” means “morning dew” in Russian. Rosinka stands for cute children and a “little Russia”.

中央区にお住まいの皆さんは、区内に”ロシア人学校”があることをご存知でしょうか。とっても小さな学校ですが、一歩入るとそこはロシア語オンリーの世界。そこが私たちの地元であることなど、すっかり忘れてしまいます。今日は、そんなロシア人学校「ロシンカ」を運営している2人のロシア人女性、ヤコブレヴァ・オリガさんとマリア・クラオカさんをお迎えしました。

Olga (Right) & Mariya (Left)  右がオリガさん、左がマリアさん。

Olga and Mariya have kids (they’re the same age) but it got harder for them to communicate with their kids. Because kids learned Japanese like sponges and surpassed their mothers’ Japanese skills. On the other hand, kids’ Russian language skills degrade. That urged two women to open a Russian Class.
It was 3 years ago and Russian moms who are in the same situation as they were began to send their kids to the school. Some of its students come to a class from not only Chuo-ku but also other areas.

「ロシンカ」はロシア語で、”朝露”の意味だそう。かわいらしい子供たちのイメージ、そして”小さなロシア”のイメージを込めて、この名前を付けたのだそうです。
設立のきっかけは、オリガさんやマリアさんが、それぞれのお子さんたちとのコミュニケーションを、だんだん取れなくなってきたこと。小さな子供は、言葉をまるでスポンジのように吸収しますが、大人はそうは行きません。そのうちに、お子さんたちの日本語力がお2人のそれを上回り、逆にお子さんたちのロシア語力が頼りなくなってくる・・・その状況を打開しようと、お2人は「ロシンカ」を開きました。3年前のことです。つまり、ご自分たちのために学校を作ったとも言えます。でも、物事を始めるモチベーションって、常に自分の内側にあるものですよね。

そして少しずつ、オリガさんと同じようなロシア人のお母さん方(ご主人が日本人である場合が多い)に「ロシンカ」の評判が伝わり、生徒さんが増えていきました。しかも生徒さんは、中央区内に限らず、世田谷区など離れたところからも通ってくるのです。


Mariya’s class for three-grade elementary school kids. マリアさんのクラス。子供たちは小学3年生。

Children from the first grade of elementary school to the third grade of junior high school attend the school. Every child take 3-hour class once or twice a week. They – even little kids – study English in Russian because English is becoming a global language.

生徒さんは、小学校1年生〜中学校3年生の子供たちが中心(大人向けのクラスもあるものの、応募がないそうです)。たとえ小さい子供でも、ロシア語と英語を、1回につき合計3時間、週1〜2回勉強します。ロシア語の勉強は先ほど述べた理由からですが、英語はやはり国際語として、これからの時代に身につけておかなくてはならないものとして、教えているのだそうです。また「外国人だから、いつ何時海外に行かなくちゃいけないか、分からない」だからそれに備えるという目的もあるそうです。

Rosinka, a “little Russia” in Chuo-ku is located near Shintomi-cho Subway Station or Chuo-ku City Hall. If you can read or understand Russian, check http://rosinkajp.com. It’s written in Russian only so you’ll realize that Rosinka is exactly the school for Russians.

中央区の”小さなロシア”であるロシンカは、新富町駅の近く、中央区役所のそばにあります。もしロシア語が読める方がいらしたら、http://rosinkajp.com を開いてみてください。全てロシア語です!まさに、中央区の中のロシアをお感じになることでしょう。

「ロシア人学校@中央区(A school for Russians)」への1件のフィードバック

  1. Add Your Comment
    こちらの学校へ子ども2人を通わせたいという夢を持っていますが、
    愛知県名 に住んでいます。

    費用のことを考えると夢になりそうですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)