Home > 未分類 > お正月はもっと先!(New Year in March)

お正月はもっと先!(New Year in March)

If you go to a country and ask people “What month are we now in?”, people will answer “October”. It means that they’ll get the new year started more than 2 months later!
Which country is it? Today’s guest knows the answer.

2011年を迎えて、早くも2週間が過ぎましたが、未だお正月気分が抜けていません(笑)エカテリーナさんの故郷ロシアではおととい(13日)新年を迎えたというし、中華圏は2月3日、つまりこれからお正月を迎えます。だから腑抜けな私を少しだけお許しいただければと思います(ここは日本だ!というツッコミが聞こえてきそうですが笑)。
でも世界は広いもので、ある国に行って、歩いている人たちに「今は何月ですか?」と聞くと「10月です」と答えてきます。新年を迎えるのは、ずっと後なんです。今週は、そんな国から来た方がゲストです。


Satomi Nagakubo, a resident of Misato, Saitama Prefecture. She came all the way to the studio via JR and subway… Some of you may be confused. “In Saitama, no New Year yet?” Actually she has two names, one is Japanese name and another is her real name.
Satomi is from Iran and now people are in October right now on the Iranian calendar. Their New Year’s Day falls on March 21, more than 2 months later.

長久保聡美(ながくぼ・さとみ)さん。埼玉県三郷市から、はるばる武蔵野線と東西線に乗ってスタジオまでお越しいただきました・・・こんなことを言うと、放送をお聴きできなかった方の中には「”まだお正月を迎えていない”って、どういうこと?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
実は聡美さんというお名前は、日本での生活に不便の無いように付けたもので、生まれながらのお名前は別にあります。そして聡美さんの故郷は埼玉ではなく、はるか西の彼方にあるイランなのです。
そのイランに今、この時期に行くと、そこはまだ10月!新年はずっと先で、日本の暦の3月21日に迎えます。つまり、イランが新年を迎えるのは2ヶ月以上も後なんです。

YouTube Preview Image

Iran’s New Year called “Nooruz” is really an exciting time for them. They build fires and leap over them. Little kids are held in their parents’ arms and jump over fires. Some young guys burn themselves.
In addition, they do fireworks and kids call on many people and get candies like Halloween.
They have their traditional New Year dishes. Satomi told us one of them called “sabzi polo ba mahi”.

イランの新年行事「ノウルーズ」は大変に盛り上がるそうで、年の最後の水曜日は家の前の道路に火を起こし、その火を飛び越えるという風習があるのです!子どもは親に抱えられて飛んだりするそうで、中にはやけどをする若者もいるんだとか。他にも花火をやったり、ハロウィンみたいに子どもたちがいろんな家に行って挨拶して、お菓子をもらうような可愛らしいイベントも行われるそうです。
3000年の伝統を今なお受け継ぐイランのお正月。もちろん、日本でいう”おせち料理”もあります。大晦日のお昼から家族全員がお料理を作ります。聡美さんの故郷、イランの首都テヘランでは、普段は魚はあまり食べられず、人々はだいたい鶏や羊、牛の肉を食べるそうです(豚は食べません)。しかし、お正月だけは魚を食べます。その食べ方は、聞くと日本の”鯛飯”に似ています。


Chop up herbs such as parsley and cilantro leaves, then mix them with steamed rice. Put baked fish which is seasoned with salt and pepper on rice. Squirt it with a bit of lemon, and it’s ready. Sounds delicious!

その名も「サブズィーポロウ・ヴァ・マーヒー」。パセリやコリアンダーなどのハーブをみじん切りにしたものをご飯に混ぜ、炊き込みます。緑色に炊き込まれたご飯に、今度は少しの油で焼いた、塩こしょうで味付けをした魚を乗せます。そして焼き上がった魚にレモン汁をかけていただきます。何ともおいしそうです!

Her class held in November 2010. 昨年11月の聡美さんのクラスの様子。
You can try it here in Japan. Satomi teaches you how to cook! She is a instructor of “Niki’s Kitchen”, the cooking school which foreigners teach recipes of their home-style dishes. She holds classes 4 – 5 times a month and she’ll teach you how to cook Iranian New Year dishes around March 21.

このお料理、実はこの日本で食べられます。しかも、聡美さんが作り方を教えてくれます!聡美さんは、この番組でさんざんお世話になっている「Niki’s Kitchen」、外国人の自宅で料理が習えるクッキングスクールでイラン料理を教えています。月に4〜5回、JR新三郷駅近くのご自宅でクラスを開いていますが、ちょうどイランのノウルーズの頃、つまり3月21日前後に、イランのお正月料理のクラスを開かれるそうなので、ぜひお試しあれ!本当は、私もいただきたいくらい・・・(涙)

*聡美さんのクラスのご案内はこちらから。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック:2

このエントリーのトラックバックURL
http://fm840.jp/blog/myeyestokyo/wp-trackback.php?p=1677
Listed below are links to weblogs that reference
お正月はもっと先!(New Year in March) from My Eyes Tokyo
pingback from 長久保 聡美さん(イラン料理) | My Eyes Tokyo Interview 11-09-18 (日) 0:40

[…] *イランのおせち料理について知りたい方は、こちらをクリック! […]

pingback from Satomi Nagakubo (Iran) | My Eyes Tokyo 11-09-20 (火) 23:23

[…] *If you want to know about Iranian New Year dishes, Click here! […]

Home > 未分類 > お正月はもっと先!(New Year in March)

My Eyes Tokyoの本が出版されています

My Eyes Tokyo マイ・アイズ・トウキョウ My Eyes Tokyoの主催者 徳橋功さんの本です。My Eyes Tokyoのサイトには掲載されていないインタビューもあります。ぜひご覧下さい。
Theme song
"Good News" by Nothing Ever Lasts Nothing Ever Lasts is a 3-piece band which was formed around Nel, a Japan-based American singer songwriter.*Interview with Nel
日本語で歌うアメリカ人シンガーソングライター”音流(ネル)”率いるNothing Ever Lastsが贈る応援歌。*詳細

Return to page top