優しさ、また見つけた(Another good thing about Japan)

Today’s talk with Kanako-san from “Arusha”, a refugee nail salon, taught me a good lesson. Helping disadvantaged people, especially refugees, is not something that can’t be done easily.

I really love Japan, but there are still walls for foreigners here. I sometimes feel that the government shows us a harsh attitude. But I found another good thing about Japan after I talked to Kanako-san.

So I highly recommend going to Arusha! Beautify your fingertips there and come to my fashion show which will be held at Hotel New Otani on November 9 🙂

今日の放送で、またひとつ勉強になったエカテリーナです。ハンデを背負っている外国人、しかも難民の方々に手を差し伸べるなんて、なかなかできることではありません。

私は日本が大好きですが、大きな「壁」があるのも事実。政府は外国人に対して少し厳しいかな、と思うこともあります。でも「アルーシャ」の岩瀬さんにお会いして、またひとつ、日本の良い所を見つけた気がします。
だから皆さん、ぜひお店に行きましょう♪指先をキレイにして、社会に良いことをして、そして11月9日(火)の私のファッションショーにいらしてくださいね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)