一風変わったネイルサロン(A unique nail salon)

Today’s My Eyes Tokyo was brought you ladies, who are interested in beauty.
We introduced you to a nail salon in the heart of Tokyo. “Arusha”, which is located near subway Kamiya-cho Station. That salon is very, very unique because it has features like followings;
1) All of its manicurists are foreigners. 2) Most of them are refugees.

Refugees? You might think, “Are there refugees in Japan?” I did think so, too. But Kanako Iwase, a manager of Arusha says there are thousands of refugees in Japan and they live secretive lives. That’s why many people don’t notice them.

If you missed today’s broadcasting, please listen to the rebroadcasted one on Thursday (10/21), 230PM -. Also the website of My Eyes Tokyo now features Iwase and Arusha so look at it if you missed any or live outside Chuo-ku!

*Interview with Kanako Iwase & Arusha;
(Part1)http://www.myeyestokyo.com/aboutus/interview/pg68.html
(Part2)http://www.myeyestokyo.com/aboutus/interview/pg69.html

キレイになりたい女性の皆さんに向けてお届けしました、今夜のMy Eyes Tokyo。都内の超一等地にあるネイルサロン情報でした。

日比谷線神谷町駅近く、マンションの一室にサロンを構える「アルーシャ」。このネイルサロンには、他には絶対に無い特徴があるのです。

何と、○○がネイリストとして活躍!
さあ、○○に入る言葉は何でしょう・・・

これをご覧下さい→ http://arusha.co.jp/nail/

すごくないですか?このような、他に決して類を見ないネイルサロンを開いた経緯を、アルーシャ代表の岩瀬香奈子さんをお迎えし、お聞きしました。日本の難民事情について、最近までほとんど知らなかったという岩瀬さんですが、フェアトレードや難民支援に従事する方々との出会いを通じて「難民がネイリストとして働き、収入を得る」というビジネスモデルを考えたそうです。


This is one of refugee manicurists’ works! Those are available at a third of market rate.
これが難民ネイリストさんの技術!何と他のお店の3分の1〜5分の1の料金で、皆さんのネイルもこのように華麗に変身!

残念ながら聴き逃した〜という方、ぜひ木曜日の再放送をお聴き下さいね。中央区以外にお住まいの方は・・・My Eyes Tokyoウェブサイトに、岩瀬さんのインタビューをアップしましたので、放送をお聴きになった方もそうでない方も、ぜひご覧下さい!

*Big Generators #5 岩瀬香奈子さん&アルーシャ
(Part1)http://www.myeyestokyo.com/aboutus/interview/taidan/pg16.html
(Part2)http://www.myeyestokyo.com/aboutus/interview/taidan/pg17.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)