5月4日

みどりの日。ラムネの日。

朗読の館★では、BEATLESのホワイトアルバムに乗ってる小品の名曲(だと私は思う)です。

歌詞を紐解くと、動物を飼ったことのある人なら”思い当たる”ことがある筈です♪♪

アロンジ・シネマ★では

ポールトーマス・アンダーソンの監督作「ファントム・スレッド」を紹介しました

ダニエルディ・ルイスの、引退表明作・としても話題になってしまったけど、私としてはこの作品で引退・・というのはもったいないんじゃないかと思うのです。・・・でも、ダニエルディルイスの役へのこだわりようは、画面を通じて迫ってきましたけど・・・
アカデミー賞で衣装デザイン賞を獲得したこの映画、衣装の色の発色がどれもこれも美しかったです!映画の中で白をきれいだと思ったのは久しぶりでした!!

1曲目:Blue in Green(ビル・エヴァンス)

2曲目:Martha my dear(BEATLES)

3曲目:たそがれに・・(南谷朝子)

4月27日

4月ももう終わり。

もうすぐ大型連休ですね^^

フリーマンオフィスの中村茉莉さんが連休にピッタリ!!なDVDを紹介して下さいました!!

「サバイバー」です。

 

キーファー・サザーランド。大ヒットドラマ「24」を最後にしばらくTVドラマはやらないと言っていた彼が、脚本を読んで出演を即決したというドラマです。
とにかく、テンポいいし、次から次へ問題が押し寄せて、そのカギをちょっとづつ開けていく・・という、観る者にはたまらないドラマです♪

り★ぶ★る

石牟礼道子の「苦海浄土」を紹介しました

4月に水俣へ行った南谷。水俣病資料館を訪れ、おりしもそこで開催されていた石牟礼道子の写真展に心動かされました。
廊下にずらりと並んだ患者さんたちの写真はもちろんのこと、石牟礼さんの眼差しの強さに惹きつけられました。水俣を訪れる予定の或る日とは是非資料館を訪れてみてください。静かな海を見下ろしながら歴史に束の間触れるチャンスです。人間の業とそれに翻弄される側に選ばれてしまった人たちの叫びが、今なお息をしている場所です。

1曲目:また逢う日まで(どんと)

2曲目:サバイバーOpening &Endingテーマ(挿入曲)

3曲目:おせんべつ(南谷朝子)

4月20日

ゲストコーナーの3週目なのですが・・・

4月は旅に出ている時間が多くてゲストをお招きできませんでした!

なので、旅の様子を・・・

♪枕崎図書館での「幸せの王子」

紙芝居に登場する町の人々の台詞を、図書館のスタッフが枕崎弁に翻訳して下さいました^^

枕崎図書館イベント「大人の音楽会」は大成功。次回はどんな企画にするか…楽しみです

そして、旅の途中立ち寄ったのは「音浴博物館」

レコードが産まれたエジソンの発明からの歴史が博物館には詰まっていて、それを学芸員の高島さんが説明して下さいます♪

最後は自分で選んだレコードを真空管アンプに大きなスピーカーで聴くのでした。
豊かな時間。

 

1曲目:めくるめくぼくらの出会い(大橋トリオ)

2曲目:フレデリック(パティ・スミス)

3曲目:おせんべつ(南谷朝子)

4月13日

2週目は路地Logyなのですが・・・先週スタジオにゲストがお出で下さったので

1週目のメニューをお届けします・・・

★朗読の館

エドシーランが今度こそ来日します!!

なので、エド・シーランの曲を紹介しました^^

Shape pf you…君の形に恋してる…ってとこかな?

 

★アロンジ・シネマ

モリのいる場所」

山崎努・樹木希林 存在感が際立つ映画です。もちろん取り巻く人々も素敵ですが・・・そして、「家」というものの息吹が聞こえてくるような映画です。

自分の家を持つってことの愛しさ、温かさを改めて感じさせられます・・そういえばチェーホフは「かもめ」の台詞の中でニーナにこういわせてます…「こういう晩に家の屋根の下にいる人は幸せだ・・暖かい片隅を持つ人は・・・」

 

1曲目:別れの朝(鈴木雅之)

2曲目:Shape of you(エド・シーラン)

3曲目:おせんべつ(南谷朝子)

 

4月6日

2018年も新年度が始まりましたね。

本日、お客様がお出でです!!

アーテイスト マダジュンコさんと、黒岩亜希子さんです。
お二人は、今週開催の 展覧会の宣伝に来てくださいました^^

「空想の動物展」     

♪ギャルリーVIVANT にて、4月3日(火)~15日(日)まで開催です

中央区銀座2-11-4富善ビル1F

ジュンコさんの空想の動物とは・・・・!?いつもは鏡を使った爬虫類や魚などなどを作ってくれるジュンコさん。そのほかに、”きゅりお君”というキャラクターと世界中を飛び回ってもいるのです♪♪期待大、です!!

「ニキ版画展」  ニキドサンファル来日20周年記念  

♪ギャラリー椿にて 4月4日(水)~11日(水)まで開催です。
中央区京橋3-3-10第1下村ビル1F

ニキ・ド・サンファルのよき理解者であった故・増田静江さんの遺志を継いで

作品の数々を紹介していらっしゃる黒岩さんに、ニキへの思い、これからの展望などを伺いました。那須に会った美術館を思い出しながら私は、ニキを知ることができたのを改めて幸せに思うのでした。
ニキ・ド・サンファルと増田静江さんの交友関係は、黒岩さんの書かれた本にも描かれています♪♪書店、又はネットで見つけたら是非手に取ってみてください!

「ニキとヨーコ」(NHK出版)です!


1曲目:天まで届け(さだまさし)

2曲目:OJALA QUE LLUEVA CAFE(Juan  Luis guerra)

3曲目:おせんべつ(南谷朝子)

 

 

3月30日

ババルデ・シネマ

3月は5週目がありました★そこで・・・

16日に来てくださった女優の松岡洋子さんと映画についておしゃべりしました。
いやあ、久しぶりに放送中大笑いしました。

だって、映画について話していたのですが、話が脱線して・・・思いがけないところへ話が飛んだもので・・・予期せぬ展開に南谷笑いが止まらない状態に陥ったのでした^^。

さて閑話休題。

松岡洋子さんのおすすめは「BOBという名の猫」  

イギリス映画です。下高井戸シネマでやっていたようです。わあ。観たかった!
チェック不足の自分を反省!!
原作になった世界的ベストセラー『ボブという名のストリート・キャット』は、読む人に元気をくれる感動的な実話だ。12年3月にイギリスで出版されると、ザ・サンデー・タイムズ紙のベストセラー・リストに76週間連続でランクインする記録を樹立(長く1位も独占)。アメリカ、中国、日本をはじめとする30を越える地域で出版され、販売部数は世界中で500万部、続編2冊を合わせると、計1000万部を越える大ベストセラーとなっている

1曲目:Fast Car(Tracy Chapman)

2曲目:CAT(平井堅)

3曲目:涙(南谷朝子)

3月23日

フリーマンオフィスの中村茉莉さん。

今月のおすすめは「グレートアドベンチャー

中国映画。なんですが。常々私がファンでありますところの、香港NOIRの顔なじみの俳優が出てくる出てくる!

アンディ・ラウはなんてストイックなんでしょう。そしてエリック・ツァンはなんてチャーミングな悪役なんでしょう!!

レオンのジャンレノも出演。中国映画の進出の勢いを感じさせる映画でもあります♪

3月31日(土)~新宿武蔵野館ほかロードショーです

 

読書紹介コーナー「り★ぶ★る」

『アベノミクスによろしく』を紹介しました!

とにかく興味を惹かれる内容です!百聞は一見にしかず・・で、手に取ることをお勧めします!Just Now,私たちが直面してる問題が端々に感じられますよ。

裁量労働制・・・どうなる!私たちは直接政治にはかかわれないけれど、見守り続けることはできますから・・・!見落とさないように、見過ごさないように。

その為の指針の一つに加えてもいい本だと思いました。

 

1曲目:青い車(スピッツ)

2曲目:グレートアドベンチャーのエンデイングテーマ

3曲目:涙(南谷朝子)

 

 

 

 

 

3月16日

今週はゲストコーナー

女優の松岡洋子さんをお迎えしました。

洋子さんと私は劇団燐光群の「power of yes」で出会いました。

下北沢ザ・スズナリの楽屋でひしめくように、くるくると押し寄せる出番を待っていましたっけ。新しい役との出会いを持ってきてくれる「演劇」という仕事を私たちは選んで生活しています。そんな私たちはま、いわば盟友。ですね。

その出会いがきっかけで私は燐光群女子部と「楽屋」を上演しようというアイデアを温め始めました。それを実行に移したのが洋子さん始めとした燐光群女子部でした・実を結んだのは2016年5月。短いようで長く長いようで短い時間でしたね★

 

 

 

そんな南谷と松岡洋子。共演します。

明後日3月18日(日)@吉祥寺マンダラ2「岸田國士を読む2018」です!

「記憶のいたづら」では、南谷は丁々発止の語り手をします♪洋子さんは魅惑的なキャリアウーマン(昭和初期的な^^)を演じます。

「命を弄ぶ男ふたり」は就活!ミュージカルのメインキャスト男子が大活躍。

舞台に立ちたいという欲望を持った男子たちの輝きっぷりが楽しみです★

5月の「楽屋」@梅ヶ丘BOXもお楽しみに!!!

 

1曲目:黄色い車(サカナクション)

2曲目:YUREI(南谷朝子)

3曲目:涙(南谷朝子)

 

3月9日

中川五郎さんとの路地LOGYは、旅先でのレポート盛りだくさんのコーナーに進化しております。

 

去年妙高エフエムから”季節の野菜”プレゼントを受け取って感激していた南谷のもとに、妙高エフエムのパーソナリティ瀬谷佑介さんからお便りが届きまして!その瀬谷さんと、中央エフエム近くのカフェで、初めましてと♪お話しした様子をレポートしました!!
わ。写真撮るの忘れてました・・・・

でも、瀬谷さん。
時間の流れをゆったりと感じながら又妙高でお会いできますように!!

後半は宮崎にひと月滞在していた南谷の、滞在先の枇杷の葉の不思議についての模様をお届けしました(笑)

 

1曲目:HAPPY(ハレル・ウイリアムズ)

2曲目:三日月(瀬谷佑介)

3曲目:涙(南谷朝子)

3月2日

アロンジ・シネマを返上・・スタジオにゲストをお迎えしました!!

都築香弥子さんです!

アロンジ・シネマを返上・・スタジオにゲストをお迎えしました!!

都築香弥子さんです!
去年も春を待つこの時期にゲストでお出で下さいました。

今年は、坂手洋二作・演出の「ブラインド・タッチ」に出演です。

なんとこの舞台は2002年に岸田今日子さん&塩見三省さんの二人に書き下ろされた作品。その作品を都築香弥子&高橋和也が演じます。

最上のメロドラマ・・と坂手さんが名付けたように、

キャーさん(都築さんの愛称)の不思議な魅力が爆発する出来上がりになりそうです^^

劇中かかる音楽についても楽しくおしゃべり頂きました。

「ブラインド・タッチ」は
3月19日(月)~4月1日(日) 下北沢のザ・スズナリで上演されます
(3月26日(月)のみ休演日)

お楽しみに!!

「ブラインド・タッチ」

 

1曲目:STARS(シンプリー・レッド)

2曲目:Love me Tender(エルビス・プレスリ)~ていんぐさぬはな

3曲目:涙(南谷朝子)