12月1日

2017年もいよいよ12月!!

張り切っていきましょー。

「朗読の館」では、

ジャニス・ジョップリンの「Me&Bobby Maggie」を紹介しました。

どこか懐かしく切ない歌声です

 

アロンジ★シネマでは

11月25日~文化村ル・シネマで公開中の「beyond flamenco」 をご紹介しました。

この映画、フラメンコ音楽を色んな楽器で聴くことができる稀有な作品です。

ギターの名手「カニサレス」の名演は勿論の事。そのほかにもチェロとフラメンコ、バグパイプとフラメンコ・・・!音楽聴いてるだけでもうっとり。

更に踊り手たちの素晴らしい事。映画の冒頭では未来の踊り手たちのレッスンから始まって、大人たちの踊り、ソリストの踊り、次々に繰り広げられるフラメンコのシーンの数々。
圧倒されます。

監督の趣旨インチアラゴン地方発生の「ホタ」というルーツを探っていく旅でもあったようです。

 

もう一作品は

大林宣彦監督の幻の処女作「花筐」

戦争3部作の一つと言う事です。こちらは未だ観ておりませんが、必ず見たい作品です^^

 

1曲目:Cat walk Boggie(星川千穂)

2曲目:me & boggie Maggie(ジャニス・ジョップリン)

3曲目:忘れない(南谷朝子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です