9月1日

アロンジ★シネマ

「50年後のボクたちは」Tschick

ドイツ映画です。青春ロードムービーです。ちょこっとパンクです。

Maik (Tristan Gel) und Tschick (Anand Batbileg)

 

色がきれいです。トリスタン・ゲーベル君、いい男(!)です。

監督はファテイ・アキン

原作はドイツの児童文学「14歳、ぼくらの疾走」

この本を読んでみたくなりました。
なんと、シアタートラム(三軒茶屋)でこの夏、舞台版が上演してたそうです。
(チックという題のお芝居です)

 

 

そして、朗読の館では

ジェーンバーキンの歌を紹介しました。「バビロンの妖精」です。

8月19日に獄限りのライブで来日していたバーキンですが、なんとしゃるろっとも一緒だったようです★

日本橋三越での写真がUPされてました^^

1曲目:弱い虫(馬場俊秀)

2曲目:Baby in the Babyron~Je t’aime moi non plus(ジェーン・バーキン)

3曲目:サルビアの花(南谷朝子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です