3月17日

ゲストコーナー。

今月は翻訳家の大野晶子さんをお迎えしました。

最近「天国からの電話」という本を読んだ南谷。

みっち・アルボムは「もりー先生との火曜日」で大ヒットを飛ばしたベストセラー作家です。

まずその本のタイトルにぐっと引き寄せられ・・・そして、同時進行で進むまるで映画のような本の内容を

最初は追いかけるのに精いっぱいだったのですが・・・読み進めると…その展開に涙する・・・

ネタバレしないように伝えるのが使命なのですが。まず、この発想とシテュエーションに脱帽。です。

大野さんはいろいろな海外小説を翻訳し続けていますが、その舞台裏みたいなことをお聞きしました★

翻訳するのに3か月はその本と向き合うというのですから・・・熟成された作品だということがわかりますね。

 

 

 

 

着物でお出で下さった大野さんの

次回作が楽しみです!!

 

1曲目:a flower is not a flower(坂本龍一)

2曲目:Tears in Heaven(Erick Clapton)

3曲目:記憶のとびら(南谷朝子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です