3月26日

3月ももう最終週です。

今日はフリーマンオフィスの中村茉莉さんと電話でおしゃべりしました★

自粛宣言下の東京・・・感染者発見数は横ばい状態です。変異株も続々と出現し、COVID-19というウイルスはすっかり私たちの日常に共存している様子です。私も4月終わりにはとうとう九州へ仕事で旅をすることが決定。日々用心しながら過ごしてます。そしてPCR検査というお墨付きをもらって出かけるという塩梅です。

さて、今回茉莉さんにご紹介いただくのは岡山発Movie!!!

「しあわせのマスカット」です。

個人的にここ数か月、自分の仕事に対する確信を失いそうになる事件が続いたのでこの映画、沁みました。新入社員の成長物語とだけでまとめてしまうにはあまりにももったいなく・・・人と人のつながりの根本みたいなことをさりげなく教えてくれる素敵な映画です。

竹中直人さんの立ち姿に感動。そして時折差し込まれる「夕暮れ時の岡山の街(路面電車と)」に心をきゅんとさせられる・・・そんな映画です。
吉田秋生が監督、清水有生が脚本を担当した「しあわせのマスカット」は、東京のシネ・リーブル池袋・ほか全国で公開。なお本作は当初2020年の公開を予定していたのですが、新型コロナウイルスの影響で延期となっていました。

★りぶる★

今回は、絵描きのSYNDI(恩田好子さん)の個展(下北沢)
を覗いた時の様子をレポート。シンデイとは舞台「日輪の翼」で共演し、同室で合宿生活を1か月して以来の心友。彼女の書く壁新聞は
文句なしに稽古場の人々の心をとらえて離さなかったし、
そういう意味で、役者というよりは作り手の精神を持ってる人です。
そのシンデイが、下北沢のかわいい画廊で「作業中」という名の個展を開きました。

といいますのも、5月に予定されている
新宿のBar「十月」での個展の準備をしながら
個展をしちゃおうという、愉快な計画だったのです^^会場にはシンデイの遊び心の詰まったブックカバーや絵の数々が小売りされてました。

私は、シンデイがMIXIというサイトで日記風に掲載していた文章を一冊にまとめた本をお買い上げ。
「父の終戦・霊感一族と父」という文庫サイズの本でした。
家でゆっくり読んでます。シンデイのお父さんのことを文字にて鑑賞させて頂きます★

シンデイの次の個展は5月1日から。新宿ゴールデン街です。

待ち遠しい・・・ですね!!!4月には是非スタジオに遊びに来て欲しい

 

 

 

1曲目:はなびら(Buck  Number)

2曲目:幸せのマスカットのエンデイングテーマ

3曲目:おせんべつ(南谷朝子)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です