さあ3週目ですよ♪

みなみずむ第3週目のコーナーは「読書」のコーナーでございます。

・・といいましても、南谷朝子の読書はとにかく“とりとめがない“のでお許しを・・

因みに小学生の時に好きだったのはアルセーヌ・ルパンものと江戸川乱歩もの。中学になると夏目漱石や芥川龍之介。高校になって星新一、稲垣足穂なんかを経て大学生のときは詩集に夢中。

その傍ら心理学の本なんかに折り目をつける学生でした★★

漫画にもひとかたならぬ思い入れがあるのでございますが、それはおいおいお話ししていくとして・・・

今回は南谷の好きな作家の一人、芥川龍之介について話しているうちに話は芥川龍之介の短編「トロッコ」にインスパイアされた映画「トロッコ」の話になりました♪

音楽だ、文学だ、演劇だ、と霞を食うようなことばかり喋る私を温かい目でご覧(ご試聴?)下さいますよう改めて♪おん願い♪たてまつりますーッ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です