ウィークリー声の架け橋 第315回目

みなさんこんにちは。
リポーターの福宮 あやのです。
今回の声の架け橋は、桜満開の下で行われた「甘酒横丁 桜まつり」に伺いました。


毎年3月の最終日曜日に開催されるこのお祭り、桜の時期からは少し早いこともあってこれまでは5部咲きや蕾での開催が多かったのですが、
今年はまさに満開!気温も暖かく最高のお祭り日和でした!

「甘酒横丁」の由来となった甘酒が振る舞われるこのお祭りですが、
毎年多くの人が訪れ、甘酒や商店会の福引を楽しんでいます。

今年は特に天候も良く、お祭りを知らなかった方もお散歩やお花見のついでに、と楽しんでいたようです。
私もこの甘酒を頂きましたが、米麹100%の甘酒はほのかな自然の甘さがあり、
またほろほろとした麹の舌触りも面白くてとても美味しい甘酒でした。

甘「酒」と言いながらアルコールは全く入っていませんので
訪れた子供達も美味しそうに飲んでいました。

そしてお祭りのもう一つの目玉はやはり福引!
明治座での観劇券や桜を見ながら回る周遊タクシー券、地元商店会の商品などが当たるとあって、
事前に商店会でお買い物をされた方々が福引券を手に長い行列を作っていました。
私もちゃっかり福引に参加させて頂き・・・
見事!彦九郎さんのお饅頭を頂きました♪

もちろんこの甘酒や福引の景品は甘酒横丁商店会でいつでもお買い物ができるので、
みなさんもぜひお散歩しながら訪れてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です