ウィークリー声の架け橋 第46回目

「ウィークリー声の架け橋」この番組は区民皆様の声を毎週発信していく区民の皆様が主役の番組です。

区内の様々な場所でお聴かせ頂いた皆様の声を一つ一つ紡ぎ合わせて、番組は作られていきます。

あなたの声を、ぜひお聴かせ下さい。

番組の内容は毎週水曜日に更新します。

放送時間は、平日1回目は午前10時40分から午前11時まで、

2回目は午後3時10分から午後3時30分までです。

3回目は午後9時40分から午後10時までです。

土曜日と日曜日は、1回目が午前10時から午前10時20分まで、

2回目が午後3時から午後3時20分まで、

3回目が午後9時40分から午後10時までです。

お楽しみに!!

こんにちは、秋野かほりです。

2月4日は、春の初めを意味する立春でした。
一方では、インフルエンザが流行しているようです。
手洗いやうがいなど、チョットしたことでも予防になるので、
みなさんも是非習慣づけてみてはいかがですか?

こんにちは!リポーターの尾形文野です。
今回は鐡砲洲稲荷神社で行われた「新富座こども歌舞伎」の節分祭奉納公演にお邪魔しました!
公演1時間前に神社に着いた私ですが、境内をみるとすでに沢山の方が来ていて場所取りを始めていました。
そして公演に参加する役者さん達は大舞台を前にしているにも関わらず
明るく元気に神社の隣にある公園に集合して「お練り」をスタート。

沢山のカメラマンやファンに囲まれ、神社までの道を観客を引き連れて練り歩いて行きました。

公演前に矢田区長も挨拶をされ、この「こども歌舞伎」が中央区を代表する伝統芸能であるとお話をされました。
区長のお話もあって、益々期待が膨らむ中、遂に開宴。

まずは石黒舞さんの口上です。
11歳とは思えない堂々とした口調に会場からは「新富座!!」と方々から掛け声がかかります。

この「新富座こども歌舞伎の会」は演奏や歌を演者さんのご家族がしているというのも特徴です。
家族で力をあわせて公演を作りあげて行くなんて素敵ですよね。

そして「寿式三番叟」「三人吉三巴白波~大川端庚申塚の場~」「白波五人男~稲瀬川勢揃の場~」
と演目が続き、「新富座!」「新富座!」と大きな掛け声や盛大な拍手の中、終演を迎えました。

出演者がすべて小学生以下でしたが、驚くような長台詞を悠長に歌舞伎の口調で堂々と話し、
しなやかな振りで美しい立ち振る舞いを見せてくれ、見ごたえたっぷりの公演でした。
鐡砲洲稲荷神社では年2回の公演を行う他、中央区のイベントでも度々お披露目をされるというので是非ご覧下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です